※動画は再生音が鳴ります。 z7・6で採用されている 瞳afがz50でも使用できます (静止画のみ)。 ポスターの顔写真があったので試してみました。afエリアを「オートエリアaf」に設定すると自動で瞳に黄色に枠が表示されました。 α6600概要 ・2420万画素 aps-cセンサ ・世界最速の0.002秒 af速度 ・5軸手振れ補正 ・バッテリーライフはスチル720ショット ・425ポイントの像面位相差ポイント ・af/ae追従秒間11コマ 撮影 ・動物含めた瞳afはスチルだけでなく動画でも使用可能

ソニーから発表されたaps-cカメラであるα6400は、動画連続撮影時間30分制限がない?と噂されているようです。ソニーストア銀座で店員さんに真偽のほどを確認してみました。
動画でxavc sフォーマットの採用 測距点数が425点に(α6000は179点) af検出輝度範囲がev0からev-2に拡大 ロックオンafが非搭載に 瞳af 人物/動物を搭載 la-ea1/la-ea3使用時のafで位相差検出が可能に 高感度iso32000に(α6000はisao25600) タッチパネルの搭載 最新モデルはα6600(19年11月1日発売)で、α6500では未搭載だった瞳afの動物対応やリアルタイムトラッキングafを搭載してよりafに磨きをかけてきた。

動画撮影時にも「リアルタイム瞳af」は利用できますが、人物のみで動物には対応していません。 【オートフォーカス】 「α6500」はコントラストAFの測距点が169点でしたが、「α6600」は425点に強化さ … ボディには光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構を搭載。 リアルタイム瞳afは、動画撮影中も自動で瞳にピントを合わせ続けるため構図に集中した撮影が行えまるほか、 人物だけでなく、犬や猫などの動物にも対応 しています。 光学式5軸ボディ内手ブレ補正. ・動画撮影時のリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングに対応 ・HLG(Hybrid Log-Gamma)やS-Log2,3に対応 ・ヘッドホン端子を搭載 この記事ではα6600,α6100,α6400 のスペック比較なので α6500との比較が気になる人は以下 を