いわし手開き 〔イワシの天ぷら〕や〔イワシのフライ〕等は、庖丁ではなく手開きした方が食べやすくなります。 多少身が崩れても、加熱し衣を付けますので気にならないし、手で開くと小さな小骨が同時に取れてしまう利点があるからです。 包丁を使ったイワシのさばき方から簡単な手開きまで、だれもができるように1工程づつ画像で追いながらくわしく掲載。お刺身にも使えるきれいな三枚おろしはもちろん、簡単な手開きのコツ、骨の取り方など、料理研究家 主婦a子のイワシのさばき方と簡単な手開きです。 初めての人でも5尾もやれば最後には綺麗に開けますよ♪たぶん… 魚それぞれの骨の仕組みが分かれば楽になります! このレシピの生い立ち. 「簡単♪手開き♪ いわしのお刺身」の作り方。頭と腹は普通の包丁で切ります♪身と骨、皮、は包丁は使わず手ではずしますので、お魚さばき初挑戦の方にお奨めです♪ 材料:いわし、大葉、生姜.. すぐ使わずに保存する場合は皮面と身の両方に薄塩をして10分程放置して余分な水分を出させてサッと洗い水分を拭いて保存へ。 コツ・ポイント .