18歳以上で以下のドラッグを所持している場合、絞首刑になります。 外国人観光客も対象です。 ・ヘロイン15グラム以上 ・コカイン30グラム以上 ・大麻500グラム以上 ・メタンフェタミン(覚せい剤)250グラム以上. シンガポール政府は、麻薬関連犯罪には非常に厳しく処罰します。 15g以上のヘロイン; 30g以上のモルヒネ; 250g以上の覚せい剤; 500g以上の大麻; 上記の所持・密売・密輸は、原則死刑です。 海外出張時や旅行時に知らない間に運び屋にされないよう注意しましょう。 mia. 今でもある。「麻薬持ってたら死刑」的なことを書いている。 そこだけ赤で書いてあってビビッた。しかも、マレー鉄道で入国したらシンガポール駅でデカイ麻薬犬の前に一人ずつ立たされ、ニオイを嗅がれた。怖かった・・・。 死刑(しけい)は、対象者(死刑囚)を死亡させる刑罰である。 暴力的な表現を比較的控えられるよう、抽象的な表現として「極刑(きょっけい)」あるいは「処刑(しょけい)」とも表現される。刑罰の分類上は生命刑に分類される。 死刑ですよ。知らなかったといっても、ホントのことを話してるとは限らないでしょう。オランダ人がシンガポール空港で大麻を持っててオランダの女王が減刑を求める手紙を出しても死刑になったことが …

15日の公判で死刑を宣告されたのは、37歳のマレーシア人男性。2011年に実行役の男性2人が手がけた28・5グラム以上のヘロインの違法取引を主導したとして、16年に逮捕されていた。シンガポールでは麻薬犯罪に対する刑罰が厳しく、実行役の2人についてもすでに死刑と終身刑が宣告されてい … 16.10.20執行 40歳代?没 : 中 国: 11.12.16 東莞市中級人民法院: 不明。2014年に一審判決が確定している。 (二審制) 薬物売買罪: 岩崎透(一審判決時50歳代) 11.12.16 東莞市中級人民法院 執行猶予付き死刑: 日本人男性(逮捕時40歳代) 14. 自主的に犯罪の一端を担う形で薬物に触れ、逮捕される場合はここで扱うトラブルには含めま シンガポールの麻薬乱用の逮捕者が11%増加. 中央麻薬取締局(cnb)は25日、麻薬乱用で昨年逮捕した者は3,438人で、前年より11%多かったと発表しました。うち40%が初犯者であり、全逮捕者のうち20~29歳の年齢層が1,010人と最多となりました。 この中で再犯者は12%増の2,072人。 9、銃の発砲行為. このほか、イラン・サウジアラビア・ベトナム・シンガポール・タイなどを含めたアジア各地で、近年になっても麻薬犯罪に対する死刑が執行されています。 日本人旅行者が巻き込まれるトラブル例. 死刑になります。 シンガポールには、日本と同じように死刑があります。今日は、シンガポールで最近あった死刑についてお話します。VanTuongNguyen当時25才。この青年、写真で見るとごく普通の青年のように見えますが、シンガポールのチャンギ空港で、400グラムのヘロインを所有していたために死刑になりました。