個人住民税の非課税限度額制度は、できるだけ多くの住民がその能力に応じて広く負担を分かち 合うという個人住民税の「地域社会の会費」的性格を踏まえつつも、低所得者層の負担を考慮し、生 上記の改正と合わせて住民税の非課税基準についても改正されました。 これまでの住民税の非課税基準は所得で35万円。給与収入では100万円(65歳以上の年金収入であれば155万円まで非課税)までが非課税とされていました。 法令表記の凡例を表示.

住民税には、所得が一定額を下回った場合に住民税が非課税となる、非課税限度額の制度があります。本記事では、非課税限度額の概要や適用条件、所得割と均等割それぞれの非課税限度額の計算方法など … 非課税基準の改正.

地方税. 個人住民税(道府県税又は市町村税) 非課税の範囲.

更新日:2019年11月20日. 平成31年度(令和元年度) 税制改正対応版 ; 税務用語辞典.