個人事業主と家族従業者には原則として労災保険・雇用保険が適用されない; 3. 事業主側も雇用保険に加入していない場合。?休業手当てを出す体制にしている状態で助成金をもらえますか?無理です。雇用保険適用事業所です、そもそも事業主が雇用保険に加入していない時点で無理ですね。ただし事業主が任意適用事業( 個人事業主が社会保険料を抑える4つのポイント. 個人事業主が加入する国民年金は全国一律で決まっています。そのため、保険料を抑えるためには国民健康保険料を抑える必要があります。裏ワザはありませんが、工夫次第では安くすることができます。 個人事業主の場合、常時雇用する従業員が5人未満なら健康保険や厚生年金保険への加入は任意となっています。 狭義の社会保険に加入しない場合、個人事業主および従業員は自分自身で国民健康保険や国民年金に加入し保険料を納付することになります。 2.3 「役員」でも加入義務はある; 2.4 「個人事業主」は条件によって加入する保険が変わる; 2.5 加入したくない人でも断れない; 3 社会保険はいつから加入しなければならない? 3.1 雇用された日から加入しない … 国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか? 秘密の節税方法を大公開します。

一般的に「社会保険」と呼ばれているものには、 大きく分けて「健康保険」、「厚生年金」、「労災保険」、「雇用保険」の4種があります。 ・・・で、これらのうち、個人事業の事業主(個人)になる事で 加入が出来ないもの は・・・ 全部です ^^ こちらもあわせて読みたい! 個人事業主と家族従業者は労働基準法や労災・雇用保険は適用されないので注意しよう; 5. 個人事業主は社会保険に加入することができない; 4. 社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入義務や要件とは?「自分が社会保険に加入すべきなのか知りたい」という方には必見です。税理士であり社会保険労務士である筆者がわかりやすく解説しています。