個人事業主が扶養に入ることができるということを一度は耳にしたことがあるという人もいますが、実際に個人事業主で配偶者の社会保険の扶養に入ることができるかどうか知りたいという人もきっと多い … スポンサーリンク. 個人事業主の扶養判定についての神記事を発見!! 家計防衛隊長 佐々木拓也 2018-07-12 / 2018-11-20. 扶養控除や配偶者控除が受けたら税金が安くなりますから、特に個人事業主には税金負担を軽くできる方法の一つです。ただし個人事業主が家族や親族に給料を支払っている場合には、扶養控除を受けることができません。今回は個人事業主が家族を扶養に入れる時の手続きの方法のお話です。 国内居住要件について. 最低限の経費とは、日本年金機構・全国健康保険協会・健康保険組合などがそれぞれの基準で認めた必要経費です。その判断のため、確定申告書一式の控えが必要になります。 また、同居と別居で異なる所得要件もあって ・同居の場合は、所得が被保険者の年収未満(原則は半分未満) ・別居 地方公務員等共済組合法(以下「法」という。)が一部改正され、被扶養者の要件に、国内居住要件が追加されました。(令和2年4月1日施行) 健康保険の被保険者になると、共済組合の被扶養者として認定することができませんので、認定取消の申告をお願いします。 その家族について、組合員以外の者が国等から扶養手当又はこれに相当する手当を受けている場合: 組合員が他の者と共同して同一人を扶養する場合にその組合員が主た 共済組合では、主として組合員の収入で生計を立てている一定の範囲の扶養家族を「被扶養者」と呼んでいます。 被扶養者に認定されると、掛金を負担することなく組合員と同様に疾病、負傷、出産、死亡にかかる給付や検診等を受けることができますので、認定事務は公正かつ 3 事業消費分が明らかな場合は必要経費として認められるものの例 地代家賃、水道光熱費、通信費. 被扶養者とは.