「峠の長さ」は、峠の両側に位置するチェーン着脱場(または交通遮断機)の間の長さを表したものです。 ・ 本ページの情報は、運転の参考程度にお考えいただき、十分注意してご通行下さい。 ※ 出典:北海道の道路ポケットブック2001などの情報にて作成 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 峠の用語解説 - 山の鞍部をいう。ここを通って多く道が開けている。語源上は「たむけ説」と「たわむ説」とがある。前者は,峠に神が祀ってあり,旅人はここで神にたむけをして通るからという。後者は山の稜線が鞍部となってたわんでいる意という。 峠(とうげ)とは、山道を登りつめてそこから下りになる場所。 山脈越えの道が通る最も標高が高い地点。なお、峠の片側にのみ大きな高低差があってもう一方の側が平坦に近いものを片峠という。日本での片峠の代表的な事例としては碓氷峠がある。. 主要峠 【中山峠】なかやまとうげ 国道230号 標高:835m 【石北峠】せきほくとうげ 国道39号 標高:1,050m 【三国峠】みくにとうげ 国道273号 標高:1,139m 【日勝峠】にっしょうとうげ 国道274号 標高:1,022m 【狩勝峠】かりかちとうげ 国道38号 標高:644m 碓氷峠(うすいとうげ)は、群馬県 安中市 松井田町坂本と長野県 北佐久郡 軽井沢町との境にある日本の峠である。 標高は約960メートル (m) 。 信濃川水系と利根川水系とを分ける中央分水嶺である。 峠の長野県側に降った雨は日本海へ、群馬県側に降った雨は太平洋へ流れる。 とうげ代表堀越の弟昭浩のお店の記事が「CREA Traveller」に掲載されました! 2013.01.08 とうげ代表堀越の弟昭浩のお店の記事が「美プレイム」と「フランスの旅EaT」に掲載されました! 2012.12.20 とうげ本店1階と2階のトイレを改装致しました。 「峠(とうげ)」という言葉の語源は「たむけ(手向け)」で、通行者が道祖神に対して手を合わせて拝んだところからきています。 「峠」・・人通りのある山頂。越えていくところ。 「山頂」・・通り抜ける所ではなく、山のてっぺん。 鬼首峠 ( おにこうべ とうげ) 820m (2009.9.21) 地図 秋田県湯沢市秋ノ宮-宮城県大崎市鳴子温泉鬼首 秋田県湯沢市秋ノ宮と宮城県大崎市鳴子温泉鬼首の間にある国道108号線の旧道峠である。 関西ヒルクライムss級であり、バラエティー番組でも取り上げられている「暗峠(くらがりとうげ)」。最上級グレード激坂であるss級とは、「足つきなしの完走」が目標。確かにバラエティー番組で観たときも、視聴者の青年の「足をつかずに登りたい」という願いを探偵が叶えるものでした。