今日の昼頃、衝撃的なニュースが報道されました。 競走馬シャケトラ号の安楽死処分です。 第1指骨の開放骨折及び種子骨の複雑骨折を発症したとのことでした。 1週後に控えた天皇賞(春)に出走登録されており、上位人気が見込まれていました。 デビューは遅れて3歳の6月。

競走馬は骨折すると安楽死が多い? 実は競走馬は骨折した場合には安楽死となるケースがかなり多いようです。 人間基準で考えると骨折をしてもギブスをしてくっつくまで待てば治るじゃないかと簡単に考えてしまいがちですが、馬の場合は話が違ってくるようです。 シャケトラが故障2019年4月17日朝に故障のニュースが流れる。天皇賞・春を予定していたシャケトラ、1週前のCウッド追い切り中に故障発生。直線で下馬。#シャケトラ— 日刊ゲンダイ 競馬 (@gendai_keiba) 2019年4月16日シ 競走馬と安楽死の悲しい歴史 2020年2月2日 2019年7月30日、日本競馬界が誇る名馬「ディープインパクト」が死んだという一報が日本を駆け巡りました。 monomonomoe, ”そらエゴだけど、そのエゴどうするかって話じゃないの?批判する人、納得する人、静観する人、興味ない人、其々考えがあっていいと思うけど「エゴ」とだけ吐き捨てて問題に向き合ってる人茶化すのは良くないよ。” / D0X7akE0, ”競走馬なんて存在そのものが人間のエゴ” 安楽死の措置が取られた。 「もともと、骨折して1年待って使った馬。状態がよかっただけにそこに負担がかかったのではないか」 — 日刊ゲンダイ 競馬 (@gendai_keiba) 2019年4月17日 競走馬が骨折したら安楽死させられる理由.

競馬, 競走馬の 故障→ 予後不良とかって 今でも厳しいですか? 治せないのか みたいな骨折しただけで 予後不良?骨折は 死ぬしかないんですか?医学の発達した今でもダメですか骨折しただけで なぜ安楽死 … この投稿は、2019年4月18日、元競走馬の シャケトラ号がディープインパクト同様、 安楽死の処置がとられたことを受けてのものです。 その当時も、シャケトラ号の安楽死に対し、 平成最強の名馬として名高いディープインパクトが7月30日に安楽死という形で死去した事が分かりました。 安楽死を選択した理由は頚椎骨折。 馬の安楽死は度々耳にしますが、その多くが脚部の損傷の結果となっています。 しかし、今回ディープインパクトの安楽死の原因は頚椎骨折。