行きたい企業に内定した!転職エージェント経由での内定後の流れを6つに分けて徹底解説。労働条件の確認・お礼の方法・内定承諾/保留/辞退についてもまとめて解説。メール例文も紹介しております。本記事を読んで ここでは「内定を断る時」「保留にしたい時」の連絡の仕方、連絡の際の注意点、モデルトークを紹介します。また企業に直接応募している場合と、転職エージェントを経由で応募している場合の違いなども紹介します。内定を辞退する場合連絡は電話で行う最近では 転職エージェントに内定保留連絡を依頼する方法も 転職エージェントを活用している場合、エージェントが企業に内定保留の連絡をしてくれるケースもあります。転職エージェントには、「複数の企業を受けており、正直内定を受けるかまだ悩んでいる」といった本音は伝えておきましょう。

1.転職エージェントからの紹介案件の断り方 転職の希望条件をエージェントに伝えたにもかかわらず、紹介案件を見るとしっくりこないことが出てくることもあります。 とりあえず受けてみるというのもありですが、 転職は時間の無い中で行うことが多いので、断った方が良い案件 もあります。 転職エージェントに登録すると、求人の紹介から企業への書類選考や面接の日程調整など転職に必要な作業を代行してくれます。 転職する人にとっては、転職エージェントは無くてはならない存在です。 転職エージェントに登録しても選考結果が遅く感じることはありませんか? 転職エージェントを利用ならそこに返事を なかには、転職エージェントを介して活動している人もいるでしょう。その場合、内定保留についても転職エージェントを通して伝えてもらいます。その時は、「第一希望のA社の結果がまだなので、B社