Excel VBA マクロの参照設定する方法について紹介します。参照設定すると VBA からファイルシステムが扱えるようになるなど機能を拡張できます。CreateObject 関数を使用すると、参照設定しないでライブラリを使用できます。 参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧. 先日のWindowsアップデートで、ActiveXコントロールが使えなくなったらしい。【参照元】 Excelのコマンドボタンが、突然動かなくなりました。Windows Update で? - Excel 職人のつぶやき私の場合はFixItで治ったが、既存のボタンは挿入し直さないといけないとかいう情報も。 設定方法などの詳細は、「初心者講座」の「Access Tips集」No.32をご覧下さい。今回は、VBAで参照設定を行う方法をご紹介します。 フォームの作成. 「Dictionaryオブジェクトについて簡単な使用例を上げて解説して欲しいです。」との要望をいただいたので、Dictionaryについて基本的な使い方を解説します。Dictionary(ディクショナリー)は名前の通り、辞書機能であり、連想配列とも呼ばれます。 VBAでエクセル外のオブジェクトを使うときには、 事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りがあります、 今回は、Excel VBAで参照設定を実施する方法をシェアしました。 参照設定を駆使することで、ある程度込み入った処理の実装もできますので、 是非一度、使ってみることをオススメします。 Share. 参照設定を行うフォームを下記のように作成します。 プロシージャの記述. Excel VBA マクロの CreateObject 関数を紹介します。CreateObject 関数は、ActiveX オブジェクトの参照を作成して返します。VBA の参照設定をしないで ActiveX オブジェクト [FileSystemObject など] を使用したいときに使用します。