Windows 10 ノート PC のタッチパッドで、次のジェスチャをお試しください。 項目を選択するには: タッチパッドをタップします。 スクロールするには: 2 本の指をタッチパッドに置き、水平方向または垂直方向にスライドします。 Windows10でタッチパッドのスクロールができなくなってしまったdynabook R631をWindows10にアップグレードしたら、タッチパッドの右端をなぞって縦スクロールと、下端をなぞって横スクロールができなくなってしまった。いろい タッチパッドといえばMacBookの独壇場だったんだけど、Windows10になってWindowsもタッチパッドを改善したことで、MacBookと変わらない使い勝手のWindowsノートパソコンが多数販売されるようになった。今のWindowsは2本指、3本指、4本指での上下左右スライドに合計12ものショートカットを割り当てられる。 しかし、タッチパッドの設定を変更しようとした際、Windows設定に設定項目がなかったり、デバイスマネージャーにタッチパッドがないケースがあります。 本記事では、Windows10のPCでタッチパッドが設定できない、またデバイスがない時の対処法を紹介します。 一方、今回購入したWindows 10のノートパソコンにも「タッチパッド」という名前で同様の機能がついています。ただ、初期設定の状態ではあまり自分好みのジェスチャではなかったため、設定から変更してみたところ、今まで利用していたMacのジェスチャと同じくらいの使い勝手を実現できました。 適用対象: Windows 10. Windows10はペンやタッチパネルを駆使して生産性を劇的に高めていけることが一つの利点として取り上げられていますが、実はタッチパッド利用でも従来のOSに比べて様々なことが行えるように改善されています。 今回はタッチパッドの設定で行える内容を見ていきたいと思います。 ノートパソコン(Windows 10)に搭載されているタッチパッドには、一般的なマウスのような役割のほか、より便利にパソコンを操作できる機能が搭載されている。今回はこの「タッチパッドジェスチャー」の使い方について解説する。 Windows 10 のタッチパッドの問題を解決する. Microsoft が提供するコンテンツ.